2017年度研究発表・公開講座

2017年度開催の研究発表・公開講座

2018-02-16
山内副所長、奥山専門研究員、加川主任研究員、東、西井共同研究員らが分担執筆した論文がAnnals of Nuclear Medicine誌に2本掲載されました。
2018-02-03
奥山専門研究員が第128回核医学症例検討会で発表しました。
2017-11-03
山内副所長が第60回日本脳循環代謝学会学術集会で発表しました。
2017-10-27
奥山研究員の投稿した症例報告がCase Reports in Oncologyに掲載されました。
2017-10-05
加川主任研究員が第57回日本核医学会学術総会にて発表しました。
2017-09-11
奥山専門研究員、東共同研究員が分担執筆した書籍「核医学融合画像:基礎と臨床」が発刊されました。
2017-09-08
奥山専門研究員が第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会にて発表しました。
2017-08-18
山内副所長らが血圧低値と経過観察中の脳循環障害悪化の関係を明らかにし,Journal of Cerebral Blood Flow & Metabolism誌に論文発表しました。
2017-07-29
福田主査が第84回宮崎放射線技術研究会にて講演しました。
2017-07-08
奥山専門研究員が日本核医学会近畿地方会にて発表しました。
2017-07-03
第55回滋賀県立成人病センター研究所セミナーを開催しました。
2017-06-09
第64回米国核医学・分子イメージング学術会議において、加川信也主任研究員が発表しました。
2017-05-02
第54回滋賀県立成人病センター研究所セミナーを開催しました。
2017-04-19
福田主査らが執筆したCTのガントリー回転速度とCTDIvolの関係についての論文が、Physica Medica誌に掲載されました。
2017-04-15
福田主査がJapan Radiology Congress (JRC) 2017 合同シンポジウム 小児画像診断における被ばくの現状と課題で講演しました。

2017年度に開催した研究発表・公開講座の詳細

山内副所長、奥山専門研究員、加川主任研究員、東、西井共同研究員らが分担執筆した論文がAnnals of Nuclear Medicine誌に2本掲載されました。

当研究所が京都大学、当病院老年内科と共同で開発を進めていた認知症関連の画像診断薬であるアミロイドイメージングPET製剤「FPYBF-2」の臨床研究検査の結果がまとまり、その成果(1: First-in-man試験報告, 2: 健常者や認知症患者さんでの臨床検査報告)が医学雑誌ANM誌に相次いで2本掲載されました。

掲載日 1:2018年2月16日、 2: 2018年1月31日
掲載雑誌名 Annals of Nuclear Medicine
著者

1:Ryuichi Nishii, Tatsuya Higashi, Shinya Kagawa, Chio Okuyama, Yoshihiko Kishibe, Masaaki Takahashi, Tomoko Okina, Norio Suzuki, Hiroshi Hasegawa, Yasuhiro Nagahama, Koichi Ishizu, Naoya Oishi, Hiroyuki Kimura, Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Hideo Saji, Hiroshi Yamauchi

2: Tatsuya Higashi, Ryuichi Nishii, Shinya Kagawa, Yoshihiko Kishibe, Masaaki Takahashi, Tomoko Okina, Norio Suzuki, Hiroshi Hasegawa, Yasuhiro Nagahama, Koichi Ishizu, Naoya Oishi, Hiroyuki Kimura, Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono, Hideo Saji, Hiroshi Yamauchi

表題

1:18F-FPYBF-2, a new F-18 labelled amyloid imaging PET tracer: biodistribution and radiation dosimetry assessment of first-in-man 18F-FPYBF-2 PET imaging

2: 18F-FPYBF-2, a new F-18-labelled amyloid imaging PET tracer: first experience in 61 volunteers and 55 patients with dementia

要旨

1: Objective: Recently, a benzofuran derivative for the imaging of β-amyloid plaques, 5-(5-(2-(2-(2-18F-fluoroethoxy)ethoxy)ethoxy)benzofuran-2-yl)- N-methylpyridin-2-amine (18F-FPYBF-2) has been validated as a tracer for amyloid imaging and it was found that 18F-FPYBF-2 PET/CT is a useful and reliable diagnostic tool for the evaluation of AD (Higashi et al, 2018). The aim of this study was to assess the biodistribution and radiation dosimetry of diagnostic dosages of 18F-FPYBF-2 in normal healthy volunteers as a first-in-man study. Methods: Four normal healthy volunteers (male: 3, female: 1; mean age: 40 ± 17; age range: 25-56) were included and underwent 18F-FPYBF-2 PET/CT study for evaluation of radiation exposure and pharmacokinetics. A 10-minutes dynamic PET/CT scan of the body (chest and abdomen) was performed at 0-10min and a 15-minutes whole-body static scan was performed 6 times after the injection of 18F-FPYBF-2. After reconstructing PET and CT image data, individual organ time–activity curves were estimated by fitting volume of interest data from the dynamic scan and whole-body scans. The OLINDA/EXM version 2.0 software was used to determine the whole-body effective doses. Results: Dynamic PET imaging demonstrated that the hepatobiliary and renal systems were the principal pathways of clearance of 18F-FPYBF-2. High uptake in the liver and the gall bladder, the stomach, and the kidneys were demonstrated, followed by the intestines and the urinary bladder. The ED for the adult dosimetric model was estimated to be 8.48±1.25 Sv/MBq. The higher absorbed doses were estimated for the liver (28.98±12.49 and 36.21±15.64 Gy/MBq), the brain (20.93±4.56 and 23.05±5.03Gy/MBq), the osteogenic cells (9.67±1.67 and 10.29±1.70 Gy/MBq), the small intestines (9.12±2.61 and 11.12±3.15 Gy/MBq), and the kidneys (7.81±2.62 and 8.71±2.90 Gy/MBq) for male and female, respectively. Conclusions: The ED for the adult dosimetric model was similar to those of other agents used for amyloid PET imaging. The diagnostic dosage of 185-370 MBq of 18F-FPYBF-2 was considered to be acceptable for administration in patients as a diagnostic tool for the evaluation of AD.

2: Objective: Recently, we developed a benzofuran derivative for the imaging of β-amyloid plaques, 5-(5-(2-(2-(2-18F-fluoroethoxy)ethoxy)ethoxy)benzofuran-2-yl)-N-methylpyridin-2-amine (18F-FPYBF-2) (Ono et al., J Med Chem 54:2971–9, 2011). The aim of this study was to assess the feasibility of 18F-FPYBF-2 as an amyloid imaging PET tracer in a first clinical study with healthy volunteers and patients with various dementia and in comparative dual tracer study using 11C-Pittsburgh Compound B (11C-PiB). Methods: 61 healthy volunteers (age: 53.7 ± 13.1 years old; 19 male and 42 female; age range 24–79) and 55 patients with suspected dementia [Alzheimer’s Disease (AD); early AD: n = 19 and moderate stage AD: n = 8, other dementia: n = 9, mild cognitive impairment (MCI): n = 16, cognitively normal: n = 3] for first clinical study underwent static head PET/CT scan using 18 F − FPYBF-2 at 50–70 min after injection. 13 volunteers and 14 patients also underwent dynamic PET scan at 0–50 min at the same instant. 16 subjects (volunteers: n = 5, patients with dementia: n = 11) (age: 66.3 ± 14.2 years old; 10 males and 6 females) were evaluated for comparative study (50–70 min after injection) using 18F-FPYBF-2 and 11C-PiB on separate days, respectively. Quantitative analysis of mean cortical uptake was calculated using Mean Cortical Index of SUVR (standardized uptake value ratio) based on the established method for 11C-PiB analysis using cerebellar cortex as control. Results: Studies with healthy volunteers showed that 18F-FPYBF-2 uptake was mainly observed in cerebral white matter and that average Mean Cortical Index at 50–70 min was low and stable (1.066 ± 0.069) basically independent from age or gender. In patients with AD, 18F-FPYBF-2 uptake was observed both in cerebral white and gray matter, and Mean Cortical Index was significantly higher (early AD: 1.288 ± 0.134, moderate AD: 1.342 ± 0.191) than those of volunteers and other dementia (1...018 ± 0.057). In comparative study, the results of 18F-FPYBF-2 PET/CT were comparable with those of 11C-PiB, and the Mean Cortical Index (18F-FPYBF-2: 1.173 ± 0.215; 11C-PiB: 1.435 ± 0.474) showed direct proportional relationship with each other (p < 0.0001). Conclusions: Our first clinical study suggest that 18F-FPYBF-2 is a useful PET tracer for the evaluation of β-amyloid deposition and that quantitative analysis of Mean Cortical Index of SUVR is a reliable diagnostic tool for the diagnosis of AD.


奥山専門研究員が第128回核医学症例検討会で発表しました。

開催日 2018年2月3日
学会名 第128回核医学症例検討会
開催地 尼崎市
発表形式 口演
演題 後期像が役に立った(?)肝腫瘍の一例
演者 奥山智緒、高橋昌幸、福田篤志、加川信也、山内浩、牛呂幸司、貴田雅也
要旨 喉頭癌の術前の全身検索として行ったFDG-PET/CTにて肝腫瘍が指摘され、原発性肝癌が発見された症例を報告した。60分後の全身像にて肝内の集積が不均一で、一部に結節様にわずかな高集積が疑われた。CTではアーチファクトにより、腫瘍を指摘することができなかったが、外側区腫大がみられHBs 抗原陽性であることから肝細胞癌の可能性も考え100分後の後期像を追加した。後期像では集積がwashoutされていたが、CTにて結節が明瞭化した。また結節部以外に、区域性に異なる集積パターンを呈していた。その後のDynamic CTにて門脈閉塞と、右肝静脈圧排、後区域胆管圧排を伴う原発性肝癌が確認された。外側区は、早期像よりも後期像で、軽度washoutされており、肝細胞癌も同様のパターンを呈していた。門脈閉塞域は全体にわずかに高集積で、washoutを認めず、後区域は早期、後期ともに低集積であった。 肝内の不均一FDG集積には、腫瘍の有無、腫瘍のG6Paseの有無以外に、血行動態の変化に伴うGlut活性や、G6Pase活性Pの変化が影響している可能性が考慮される。

山内副所長が第60回日本脳循環代謝学会学術集会で発表しました。

開催日 2017年11月3日
学会名 第60回日本脳循環代謝学会学術集会
開催地 大阪市
発表形式 シンポジウム口演
演題 脳小血管病を合併した主幹脳動脈病変患者の脳循環障害
演者 山内浩
要旨

【目的】主幹脳動脈病変による脳循環障害の特徴は,支配領域に広範で,最遠位血管床で最も高度なことである.一方,最遠位血管床は脳小血管病の病変部である.本研究では,両側基底核ラクナ梗塞の存在を広範な小血管病合併の指標とし,「小血管病変が合併した主幹脳動脈病変患者では,大脳皮質下穿通枝領域の脳循環障害が増幅され,高度白質病変や皮質下梗塞を生じる」という仮説を検証する.

【検討1】慢性期一側性内頸動脈閉塞性疾患で,病変側大脳皮質下にのみ小梗塞巣を有する46例(閉塞38例,狭窄8例)を対象とし,病変側大脳半球において,MRI T2強調画像上の白質病変,T1強調画像上の両側基底核ラクナ梗塞,及びPETにより求めた酸素摂取率の関連を検討した.

【結果】両側基底核ラクナ梗塞のある群(21/46例)は,ない群に比べ白質病変の程度が強かった.ラクナ梗塞あり群では,白質病変の程度は大脳皮質酸素摂取率の値と有意に正相関したが,なし群では関連はなかった.多変量解析により,酸素摂取率の値とラクナ梗塞の存在が白質病変の程度の独立した推定因子と判明した.

【結論】小血管病変合併内頸動脈閉塞性疾患では脳循環障害は高度白質病変と関連している.

【検討2】症候性頭蓋外内頸動脈閉塞,頭蓋内内頸動脈あるいは中大脳動脈の狭窄または閉塞を有する130例を対象とし,両側性基底核ラクナ梗塞あり群となし群に分類し,2年間の脳卒中再発率を比較した.

【結果】同側脳梗塞再発は,基底核ラクナ梗塞あり群19% (5/27)で,なし群2%(2/103) に比べて有意に多かった.貧困灌流と基底核ラクナ梗塞はともに独立した再発予測因子で,基底核ラクナ梗塞の相対危険度は12.4(95%信頼区間2.3-65.5)であった.再発はすべて皮質下梗塞であり,貧困灌流と基底核ラクナ梗塞合併3例はすべて再発した.

【結論】小血管病を合併し貧困灌流を呈する主幹脳動脈病変患者は皮質下梗塞再発ハイリスク群である.


奥山研究員の投稿した症例報告がCase Reports in Oncologyに掲載されました。

小児期に発見された多発肺転移を有する甲状腺がん症例の無治療長期経過の興味深い症例につき核医学治療の観点から症例報告いたしました。

掲載日 2017年10月27日
掲載雑誌名 Case Reports in Oncology. 2017; 10: 928-937. DOI:10.1159/000481500
著者 Chio Okuyama, Mitsuhiro Kimura, Minori Oda, Naohiro Kodani, Norihiro Aibe, Hideya Yamazaki
表題 A case of thyroid papillary carcinoma: remarkable decrease in multiple lung metastases within 40 years after a single administration of radioiodine without thyroidectomy and with later anaplastic formation
要旨

Differentiated thyroid carcinoma in childhood and adolescence is an uncommon malignancy, and unique to the overall favorable prognosis despite its relatively high rate of nodal and distant metastases. Total thyroidectomy and positive 131I therapy are recommended for cases with pulmonary metastases. In contrast, anaplastic thyroid cancer is one of the most aggressive malignancies with a poor prognosis. It is thought that anaplastic cancer arises from transformation of differentiated thyroid cancer, however the mechanism of dedifferentiation remains unclear.

We experienced a case of differentiated thyroid carcinoma with pulmonary metastases that remarkably decreased in size over a 40-year period after early administration of 131I for diagnosis without thyroidectomy. At age 58, his cervical nodules were incidentally detected, and total thyroidectomy was performed along with subsequent administration of radioiodine therapy. Although very intense accumulations were observed in both lungs, some of the nodules developed in anaplastic transformation over the next several years. We report the long history of this case and discuss the relevant literatures.


加川主任研究員が第57回日本核医学会学術総会にて発表しました。

開催日 2017年10月5日から7日
学会名 第57回日本核医学会学術総会
開催地 神奈川県横浜市
演題 ヒト腫瘍細胞におけるMeAIB集積量とアミノ酸トランスポーター遺伝子発現量及び細胞増殖能との関連
演者 加川信也
共同演者 西井龍一、東達也、山内浩、小川衣未、奥平宏之、小林正和、吉本光喜、鹿野直人、川井恵一
要旨 これまでに我々は、[S-methyl-[11C]]-L-methionine ([[11C]]MET)によるアミノ酸トランスポーターシステムLとは異なるα-[N-methyl-[11C]]-methylaminoisobutyric acid ([11C]MeAIB)によるシステムAを標的にした薬剤開発を行ってきた。今回、ヒト腫瘍培養細胞を用いてアミノ酸トランスポーター遺伝子発現を定量し、[14C]MeAIBと[3H]MET及び細胞増殖能の指標である[3H]FLTの集積量との関係について検討を行った。 細胞集積実験において、[14C]MeAIBの主要な輸送経路は、アミノ酸トランスポーターシステムAであり、[3H]METと比較して特異性が高かった。さらに、[14C]MeAIBの集積量が、アミノ酸トランスポーターシステムAの遺伝子発現量や[3H]FLTの集積量による細胞増殖能との相関性が認められたことから、システムAを指標とした[11C]MeAIB-PETは、腫瘍増殖活性の診断に有用である可能性が示唆された。

奥山専門研究員、東共同研究員が分担執筆した書籍「核医学融合画像:基礎と臨床」が発刊されました。

発刊日 2017年9月11日
書名 核医学融合画像:基礎と臨床
出版社 金原出版
編著 西村 恒彦(京都府立医科大学名誉教授)
内容

従来の核医学本来の機能・代謝画像に加え、最近ではSPECT/CT、PET/CT、PET/MRIなどの融合画像を用いて、病変に関する詳細な形態と機能・代謝などを同一断層面でとらえることが広まってきている。

この背景を踏まえて核医学融合画像の現状と将来展望に関する成書となるよう企画された書籍である。

各種融合画像の原理や方法の実際を概説した基礎編と、融合画像の臨床的有用性を症例ベースで提示された臨床編で構成され、日常の診療に役立つものとなると考える。

第一章:核医学融合画像の位置づけ
第二章:核医学融合画像の変遷と展開
第三章:核医学融合画像の原理と方法
 1. 融合画像作成の目的と条件
 2.各種画像重ね合わせによる融合画像(ソフトウエアフュージョン)
 3.一体型装置による融合画像
第四章:腫瘍核医学における臨床
 1.PET/CT(FDG)
 2.PET/MRI(FDG)
 3.FDG以外のPET/CT
 4.SPECT/CT
 5.将来展望
 6.症例提示 (1.~14.)
第五章:心臓核医学における臨床
 1.PET/CT(FDG. NH3 )
 2.PET/MRI
 3.SPECT/CT(吸収補正およびカルシウムスコア)
 4.SPECT/CTA
 5.将来展望
 6.症例提示(1.~5.)
第六章:脳核医学における臨床
 1.FDG-PET/CT
 2.FDG以外のPET/CT
 3.PET/MRI
 4.SPECT/CT
 5.将来展望
 6.症例提示(1.~5.)
第七章:そのほかの領域における臨床
 1.腫瘍、心臓、脳以外の領域における融合画像の臨床活用
 2.症例提示(1.~7.)

第二章、および 第三章の1,2、第七章2の6.,7.を 奥山智緒 専門研究員が担当
第四章の5 を 東達也 共同研究員が 担当して執筆しております。


奥山専門研究員が第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会にて発表しました。

発表日 2017年9月8日
学会名 第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会
開催地 愛媛
演題 マルチモダリティ時代に消化器核医学をどう使うか?
演者 奥山智緒
要旨

消化器の画像検査として、1970年台には体外から腹部実質臓器を調べる検査方法として超音波検査と並び75Se-serenomethionineを用いた膵シンチグラフィやコロイド製剤を用いた肝シンチグラフィは、重要な役割を果たしていた。消化管の内視鏡検査、中でも爆発的な普及の転機となったファイバースコープが1975年に開発され、ほぼ同時期に国内第1号のX線CTが、1983年に第1号のMRIが導入され、その日進月歩の撮像技術や造影剤、造影技術の開発により、これら形態検査の示してくれる詳細な情報への期待が高まり、核医学検査の役割は臓器の形態を見ることを目的としたものから、機能評価に大きく変化した。

昨今、消化器領域において目にすることの多い核医学検査は食道癌や大腸癌、実質臓器の悪性腫瘍の全身検索としてのFDG-PETであろう。しかし、糖代謝以外の各種シングルフォトン製剤は、現在も特定の疾患や病態において、臨床的に重要な役割を果たしている。

乳児黄疸性疾患の評価や、術後などの胆汁の流れを描出する胆道シンチや、間歇的な消化管出血や蛋白漏出などを描出するシンチは、経時的に複数回の撮像を行うことにより時には翌日までその微量のトレーサを追跡する検査は他には変えられない情報を提供する。アシアロシンチによる肝機能解析は、全体的な機能に加え手術前評価に有用な局所機能解析を可能にする。消化管や門脈圧亢進の機能を評価する核医学検査が利用されることもある。

これら比較的初期より用いられている放射性医薬品に加え、最近注目の新しい腫瘍シンチ製剤としてソマトスタチンレセプター(SSTR)製剤がある。膵や消化管の神経内分泌腫瘍(NET)は分化度が高くても転移を有するものも多く、FDGと相補的な関係にあるSSTR製剤を用いることにより、病期検索や治療効果判定のほか、SSTR製剤による治療選択を考慮するための情報を与えてくれる。In-111製剤は画像分解能が高くはないが他の検査で検出困難な病変を明瞭に描出し、NET患者のマネジメントに重要な役割を果たす。

本講演においては、形態画像診断の進歩の目覚しい現在において、その特異的なメカニズムに期待される消化器領域の各種シングルフォトン検査について、その基本から活用方法を概説する。


山内副所長らが血圧低値と経過観察中の脳循環障害悪化の関係を明らかにし,Journal of Cerebral Blood Flow & Metabolism誌に論文発表しました。

高血圧は脳卒中の最も重要な危険因子です.脳卒中患者では,一般的に血圧が低いほど再発率が低いのですが,脳主幹動脈閉塞性疾患患者では血圧を下げると脳循環が障害され,脳梗塞リスクが増大する懸念があります.これまでの検討で,血圧低値例では脳梗塞再発率が逆に高くなる,Jカーブ関係があることを明らかにしました.さらに本研究では,血圧が低いと,経過観察中に脳循環障害が悪化していることを明らかにしました.以上の結果は,「血圧は下げすぎない方がよい」という,重要な血圧管理指針を示しています.

発表日 2017年8月18日
掲載雑誌名 Journal of Cerebral Blood Flow & Metabolism
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/0271678X17727385
著者 Hiroshi Yamauchi, Shinya Kagawa, Masaaki Takahashi, and Tatsuya Higashi
表題 Long-term hemodynamic changes and blood pressure in atherosclerotic major cerebral artery disease
要旨 In patients with major cerebral artery disease, lower blood pressure might reduce blood flow in the collateral pathways, thereby impairing the growth of cerebral collaterals, inhibiting hemodynamic improvement. We evaluated the hemodynamic status twice using positron emission tomography and 15O-gas, over time, in 89 medically treated patients with atherosclerotic internal carotid artery or middle cerebral artery disease that had no ischemic episodes during follow-up (mean, 28+/-23 months). Changes in the mean hemispheric values of hemodynamic parameters in the territory of the diseased artery at follow-up were correlated with the mean blood pressure values at the baseline and follow-up examinations. There was a positive linear relationship between the degree of hemodynamic improvement and systolic blood pressure. Patients with low systolic blood pressure (<130 mmHg) (n=18) showed hemodynamic deterioration as indicated by significant decreases in cerebral blood flow, cerebral blood flow/cerebral blood volume ratio, and increases in oxygen extraction fraction during follow-up. In contrast, there were no significant changes in patients without low systolic blood pressure. In patients with atherosclerotic internal carotid artery or middle cerebral artery disease and no ischemic episodes of stroke during follow-up, lower systolic blood pressure was associated with lesser hemodynamic improvement.

福田主査が第84回宮崎放射線技術研究会にて講演しました。

発表日 2017年7月29日
学会名 第84回宮崎放射線技術研究会
開催地 宮崎県宮崎市
発表形式 口演
演題 小児専門病院放射線科の挑戦:放射線被曝低減と手術支援
演者 福田篤志
要旨

小児整形外科領域では胸部・腹部写真に加え、全身骨が撮影対象である。診断価値を損なわずに被曝を少なくすることが肝要だが、“小児は大人を小さくしたものではない”といわれ、特殊なスキルが要求される。本講演では本領域における放射線被曝低減のコツおよび手術支援に関して紹介した。

(1) X線撮影装置は長期的に安定した空気カーマが得られるわけではなく、日々の変動および装置固有の特徴も有している。長期的な空気カーマの変動を考慮してプリセット値を調整する方法は放射線被曝低減に有益であり、本方法を紹介した。

(2) 最近のCT装置は高速で回転させることができるため、小児領域においてもMotion artifactの少ない画像を得ることができる。しかし、1回転で収集するVolume or Axial Scanを選択した場合、高速回転すればするほど、画像に寄与しないX線被曝の割合が上昇する。我々が開発したこの被曝線量評価法を紹介した。

(3) DICOM画像をSTL変換することが容易となり、3Dプリンターを用いた手術支援が盛んに行われるようになってきている。医療においてDICOM - STL変換して得られる便益について紹介した。


奥山専門研究員が日本核医学会近畿地方会にて発表しました。

発表日 2017年7月8日
学会名 第50回 日本核医学会近畿地方会
開催地 大阪(グランフロント)
演題 ルーチン検査におけるBONENAVI(R)解析結果の集積について
演者 奥山智緒1)2)、加藤良美3)、田頭恵三3)、井上孝3)、岡本博貴3)、大野浩司2)、古谷誠一4)
(1)滋賀成人病センター研究所、2)京都第一赤十字病院放射線診断科、3)京都第一赤十字病院放射線診断科部、4)京都第一赤十字病院放射線治療科)
<要旨/td>

【要旨】

【背景と目的】全身骨に対する骨転移と考える部位の重量の割合を示すBone scan index(BSI)を算出可能なBONENAVI(R)は、骨転移症例の予後予測や治療効果判定に使用されるが、自動解析結果はしばしば手動修正を必要とする。ガンマカメラの更新前後に経験した解析結果と視覚診断の乖離を検討した。

【対象と方法】乳腺外科および泌尿器科依頼の骨シンチで10日以内のCTでの評価が可能であった70症例。PRISM-IRIX(39例)、Discovery NM630(31例)にて施行された骨シンチのBONENAVI解析結果と視覚評価の結果を比較した。

【結果】視覚診断にて骨転移あり/無しは14/56例。ANN=0.5を境界とすると、TP(11)、FN(3)、FP(34)、TN(22)であった。IRIXにおいてANN=0.5前後の症例が多数認められた。rANN=0.5を境界として個々の病変・spotを検討すると、骨盤部の転移やcold病変が計6病変、superscan症例の肋骨は検出できず、9転移巣は良性と判断された。偽陽性としては腎盂尿管、骨折病変、変形性変化、脊椎関節炎のほか正常骨、関節部に多数認められた。また正常の脊椎がび慢性にrANN>0.5と判断された症例がIRIXでのみ4例認められた。

【考察】BONENAVIのデータベースには両機種とも使用されておらず、検査方法に差異はなかった。相違点としてIRIXで膀胱カウントにtruncation処理をかけたこと、PACSを介する間接的な転送であったことがあげられるが、NM630症例に対して同様の処理を行っても、あいまいな評価や偽陽性が増加する傾向は見られずコリメータ性能や散乱線の違いなどの影響が考慮されたが検証はできていない。

【結語】BONENAVIにてBSIを算出する場合、自動解析結果を手動で修正することが望ましい。また、機種に特異的パターンが見られる可能性がある。


第55回滋賀県立成人病センター研究所セミナーを開催しました。

開催日 2017年7月3日月曜日 17時15分~18時15分
場所 滋賀県立成人病センター研究所会議室
演題 “Hidden hearing loss” に対する治療法の開発
演者 鈴木 淳 先生(東北公済病院 耳鼻いんこう科)
要旨 コンサートの大音響などで生じる一過性聴覚閾値上昇(Temporary threshold shift: TTS)は、聴覚閾値が自然に回復するために特に注目されてこなかった。しかしながら近年、TTSにより有毛細胞シナプスが不可逆的に減少すると報告され、“Hidden hearing loss”として注目されている。今回、この疾患に対する治療法(シナプス再生)を開発するために、神経栄養因子やアデノ随伴ウイルス(AAV)の内耳投与法の確立を行ったので報告する。
世話人 西村 幸司(専門研究員)
チラシ チラシ(PDF)

第64回米国核医学・分子イメージング学術会議において、加川信也主任研究員が発表しました。

2017年6月9日から16日まで開催された第64回米国核医学・分子イメージング学術会議(SNMMI 2017)において、加川信也主任研究員が発表を行いました。これまでに、世界初のPET薬剤である[18F]FPYBF-2(アミロイドイメージング剤)の有用性を報告してきましたが、今回[18F]FPYBF-2の臨床的有用性をゴールドスタンダードである[11C]PiBと比較するため、カセット式合成装置を用いた[11C]PiBの合成をループ標識法で検討して報告しました。

開催日 2017年6月9日から6月16日
学会名 SNMMI (Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging) 2017 Annual Meeting;第64回米国核医学・分子イメージング学術会議
開催地 デンバー(アメリカ)
演題 Radiosynthesis of [11C]PiB for the loop labeling method using a cassette-type multipurpose automatic synthesizer module.
演者

Shinya Kagawa1, 2, Ryuichi Nishii1, 3, Tatsuya Higashi1, 3, Hiroshi Yamauchi1, Keiichi Kawai2, Hiroyuki Watanabe4, Hiroyuki Kimura5, Masahiro Ono4, Hideo Saji4

1) Division of PET imaging, Shiga Medical Center Research Institute, 2) Graduate School of Medical Science, Kanazawa University, 3) Department of Molecular Imaging and Theranostics, National Institute of Radiological Sciences, 4) Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University, 5) Department of Analytical & Bioinorganic Chemistry, Kyoto Pharmaceutical University
要旨 Objectives: Recently, we developed a benzofuran derivative for the imaging of β-amyloid (Aβ) plaques, 5-(5-(2-(2-(2-[18F]fluoroethoxy)ethoxy)ethoxy)benzofuran-2-yl)-N-methylpyridin-2-amine ([18F]FPYBF-2). To compare with [18F]FPYBF-2 study in clinical practice, the aim of this study was to assess the radiosynthesis, quality control and safety assessment of the loop labeling method using a cassette-type multipurpose automatic synthesizer module for radiosynthesis of [11C]Pittsburg compound B ([11C]PiB). Methods: The radiosynthesis of [11C]PiB was performed on a hybrid synthesizer, cassette-type multipurpose automatic synthesizer module (JFE Engineering Corporation). [11C]Methyl triflate was trapped in a loop of sterilized spiral type (Lectro-Cath, Vigon) precharged with 1 mg of precursor, 2-(4'Aminophenyl)-6-hydroxybenzothiazole in 60 μL of Cyclohexanone and reacted for 1 min at room temperature after radioactivity peaks in the loop. After purification of the crude product by HPLC, [11C]PiB was eluted with 2.5% ethanol in saline. The quality control tests of final products and safety assessment were performed. Results: [11C]PiB for the loop labeling method was produced with radioactivity of 12.2 ± 0.9 GBq, total synthesis time of 26.6 ± 0.2 min, radiochemical yield (decay uncorrected) of 38.7 ± 1.5 %, radiochemical purity of > 99.9 % and specific activity of 95.5 ± 10.1 GBq/μmol. The products satisfied the relevant quality standard such as the Quality Control of [18F]FDG. There was no harmful finding at a single dose toxicity test (radiolabeled final products). Conclusion: By the loop labeling method using a cassette-type multipurpose automatic synthesizer module, the synthesis of [11C]PiB for clinical grade was successfully implemented in our study with healthy volunteers and patients with dementia.

第54回滋賀県立成人病センター研究所セミナーを開催しました

開催日 2017年5月2日火曜日 17時30分~18時30分
場所 滋賀県立成人病センター研究所会議室
演題 小型魚類を用いた遺伝・環境要因の生体機能に対する評価
演者 谷口 善仁 先生(杏林大学医学部 衛生学公衆衛生学教室 教授)
要旨 近年、ディープシーケンス法などにより、ヒトの遺伝性疾患に関連する変異やレアバリアントが次々に明らかになっているが、それらが生体に与える影響の評価は一部にとどまっている。ゼブラフィッシュやメダカは、これら数多くの変異の機能解析の手段の一つとして、近年脚光を浴びている。本セミナーでは、小型魚類研究の最新の動向とともに、筋疾患を引き起こすミオスタチン変異体と、糖尿病を引き起こすレプチン受容体変異体について紹介する。
世話人 谷垣 健二(専門研究員)
チラシ チラシ(PDF)

福田主査らが執筆したCTのガントリー回転速度とCTDIvolの関係についての論文が、Physica Medica誌に掲載されました。

掲載日 2017年4月19日
掲載雑誌名 Physica Medica
著者 Atsushi Fukuda, Nao Ichikawa, Yoshiharu Fujita, Pei-Jan Paul Lin, Kosuke Matsubara, and Tosiaki Miyati
標題 Does gantry rotation time influence accuracy of volume computed tomography dose index (CTDIvol) in modern CT?
要旨 The purpose of this study was to develop a gantry overrun corrected CTDIvol (cCTDIvol) dosimetry and evaluate the differences between the displayed CTDIvol (dCTDIvol), measured CTDIvol (mCTDIvol), and the cCTDIvol. The each 8 rotation times between 275 and 1000 ms of two CT scanners were investigated. Rotation time (Trot) and the beam-on time (Tbeam) in axial scanning were measured accurately to determine the gantry overrun time (Tover) as Tbeam − Trot. Subsequently, mCTDIvol was measured by using a 100 mm ionization chamber and CTDI phantoms. Furthermore, we introduced a gantry overrun correction factor (Co = Trot/Tbeam) to obtain cCTDIvol. Upon completion of the data acquisition, the dCTDIvol and mCTDIvol were compared with the cCTDIvol. The discrepancies of Trot were 0.2 ± 0.2 ms as compared to the preset rotation times, and Tover was machine-specific and almost constant (22.4 ± 0.5 ms or 45.1 ± 0.3 ms) irrespective of the preset rotation time. Both dCTDIvol and mCTDIvol were increasingly overestimated compared to cCTDIvol as the faster the preset rotation time was selected (1.7–23.5%). The rotation time influences the accuracy of CTDIvol in modern CT, and should be taken into consideration when assessing the radiation output in modern CT.

福田主査がJapan Radiology Congress (JRC) 2017 合同シンポジウム 小児画像診断における被ばくの現状と課題で講演しました。

発表日 2017年4月15日
学会名 JRC2017
開催地 パシフィコ横浜
発表形式 口演
演題 小児整形外科領域における放射線被ばく低減のコツ
演者 福田篤志
要旨

小児整形外科領域では胸部・腹部写真に加え、全身骨が撮影対象である。診断価値を損なわずに被ばくを少なくすることが肝要だが、“小児は大人を小さくしたものではない”といわれ、特殊なスキルが要求される。本講演では本領域における放射線被ばく低減のコツを3つ紹介した。

(1)X線撮影装置は長期的に安定した空気カーマが得られるわけではなく、日々の変動および装置固有の特徴も有している。長期的な空気カーマの変動を考慮してプリセット値を調整する方法は放射線被ばく低減に有益であり、本方法を紹介した。

(2)放射線被ばくを最適化するためには患児の協力が欠かせない。そのためには、プレパレーション(心の準備)の成功が重要である。最小の線量を用いて最大限の診断価値をえるために、患児および保護者との有益な接し方を紹介した。

(3)本領域では生殖腺防護が行われているが、熟練した診療放射線技師でも難しい症例がある。我々が苦労した経験を紹介し、小児のX線撮影業務に従事する方々に有益な情報を提供した。