第14回セミナー
概 要  
 免疫で重要な働きをする抗体の遺伝子はダイナミックに変化することにより多様な抗体を生み出している。この抗体遺伝子が変化する機構についての研究を解説し、遺伝子変化を制御する酵素 AID の発見にいたる経緯とその機能を紹介します。
 さらに AID が抗体以外の遺伝子の変化を引き起こし、がんを含むヒトの疾患や生物の進化に関与する可能性を探索する実験について、現状と展望を報告します。
日 時  
平成17年6月27日(月) 午前9時〜10時半
場 所  
滋賀県立成人病センター研究所会議室 (守山市守山五丁目4番30号)
プログラム  
講演 『 遺伝子が変わる仕組みの研究 − 抗体遺伝子から発がん・進化へ − 』

  木下 和生 先生 (京大大学院医学研究科)
主 催  
県立成人病センター研究所
その他  
入場無料
問い合わせ先  
〒524-8524 守山市守山五丁目4番30号 滋賀県成人病センター研究所事務室
TEL:077−582−6034  FAX:077−582−6041

 戻る