2010年度研究実績

画像研究部門

英語論文

  1. Matsuo Y, Nakamoto Y, Nagata Y, Shibuya K, Takayama K, Norihisa Y, Narabayashi M, Mizowaki T, Saga T, Higashi T, Togashi K, Hiraoka M. Characterization of FDG-PET images after stereotactic body radiation therapy for lung cancer.Radiother Oncol.  2010 Nov;97(2):200-4. Epub 2010 Apr 27.
  2. Kitamura K, Hatano E, Higashi T, Seo S, Nakamoto Y, Narita M, Taura K, Yasuchika K, Nitta T, Yamanaka K, Doi R, Ikai I, Uemoto S. Prognostic value of (18)F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography in patients with extrahepatic bile duct cancer. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2011 Jan;18(1):39-46. Epub 2010 May 26.
  3. Suga T, Nakamoto Y, Saga T, Higashi T, Hara T, Ishizu K, Nishizawa H, Togashi K. Prevalence of positive FDG-PET findings in patients with high CEA levels.Ann Nucl Med. 2010 Jul;24(6):433-9. Epub 2010 Jun 11.
  4. Yamauchi H, Nishii R, Higashi T, Kagawa S, Fukuyama H. Selective neuronal damage and Wisconsin Card Sorting Test performance in atherosclerotic occlusive disease of the major cerebral artery. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2011 Feb;82(2):150-6. Epub 2010 Aug 27.
  5. Yamauchi H, Nishii R, Higashi T, Kagawa S, Fukuyama H. Silent cortical neuronal damage in atherosclerotic disease of the major cerebral arteries. J Cereb Blood Flow Metab. 2011 Mar;31(3):953-61. Epub 2010 Sep 29.
  6. Miyake KK, Nakamoto Y, Mikami Y, Ishizu K, Saga T, Higashi T, Togashi K. F-18 FDG PET of foreign body granuloma: pathologic correlation with imaging features in 3 cases. Clin Nucl Med. 2010 Nov;35(11):853-7.
  7. Kitamura K, Hatano E, Higashi T, Narita M, Seo S, Nakamoto Y, Yamanaka K, Nagata H, Taura K, Yasuchika K, Nitta T, Uemoto S. Proliferative activity in hepatocellular carcinoma is closely correlated with glucose metabolism but not angiogenesis. J Hepatol. 2011 Feb 17. [Epub ahead of print]
  8. Nishii R, Tong W, Wendt R 3rd, Soghomonyan S, Mukhopadhyay U, Balatoni J, Mawlawi O, Bidaut L, Tinkey P, Borne A, Alauddin M, Gonzalez-Lepera C, Yang B, Gelovani JG. Pharmacokinetics, Metabolism, Biodistribution, Radiation Dosimetry, and Toxicology of (18)F-Fluoroacetate ( (18)F-FACE) in Non-human Primates. Mol Imaging Biol. 2011 Mar 25. [Epub ahead of print]
  9. Ono M, Cheng Y, Kimura H, Cui M, Kagawa S, Nishii R, Saji H. Novel (18)F-Labeled Benzofuran Derivatives with Improved Properties for Positron Emission Tomography (PET) Imaging of β-Amyloid Plaques in Alzheimer's Brains. J Med Chem. 2011 Apr 28;54(8):2971-9. Epub 2011 Mar 23.
  10. Schwartz DL, Bankson J, Bidaut L, He Y, Williams R, Lemos R, Thitai AK, Oh J, Volgin A, Soghomonyan S, Yeh HH, Nishii R, Mukhopadhay U, Alauddin M, Mushkudiani I, Kuno N, Krishnan S, Bornman W, Lai SY, Powis G, Hazle J, Gelovani J. HIF-1-dependent stromal adaptation to ischemia mediates in vivo tumor radiation resistance. Mol Cancer Res. 2011 Mar;9(3):259-70. Epub 2011 Mar 1.
  11. Wakamatsu H, Nagamachi S, Kiyohara S, Fujita S, Kamimura K, Futami S, Nishii R, Nagano M, Kondou K, Kai M, Chijiiwa K, Tamura S. Predictive value of Tc-99m galactosyl human serum albumin liver SPECT on the assessment of functional recovery after partial hepatectomy: a comparison with CT volumetry. Ann Nucl Med. 2010 Dec;24(10):729-34.
  12. Cheng Y, Ono M, Kimura H, Kagawa S, Nishii R, Saji H. A novel 18F-labeled pyridyl benzofuran derivative for imaging of β-amyloid plaques in Alzheimer's brains. Bioorg Med Chem Lett. 2010 Oct 15;20(20):6141-4. Epub 2010 Aug 8.
  13. Hirata M, Kanai Y, Naka S, Matsumuro K, Kagawa S, Yoshimoto M, Ohmomo Y. Evaluation of radioiodinated quinazoline derivative as a new ligand for EGF receptor tyrosine kinase activity using SPECT. Ann Nucl Med. 25(2) : 117-24, 2011
  14. Cheng Y, Ono M, Kimura H, Kagawa S,Nishii R, Kawashima H, Saji H. Fluorinated Benzofuran Derivatives for PET Imaging of β-Amyloid Plaques in Alzheimer's Disease Brains. ACS Med. Chem. Lett. 1(7) : 321-5, 2010

和文論文

  1. 小西淳二、玉木長良、中駄邦博、日下部きよ子、牧正子、神戸雅子、東 達也、遠藤啓吾、池窪勝治、横山邦彦、久保敦司、石川直文。 SKG-02(ヒトチロトロピンアルファ(遺伝子組換え))の分化型甲状腺癌の術後診断における有効性、安全性および薬物動態の検討 –日本人におけるプロスペクティブな他施設オープン試験- 核医学 2010:47; 479-496.
  2. 日本核医学会分科会 腫瘍/免疫核医学会 甲状腺RI委員会(日下部きよ子、伊藤公一、渋谷洋、絹谷清剛、伊藤充、横山邦彦、東 達也ほか)。「甲状腺癌の放射性ヨード内用療法におけるRI治療病室稼働状況の実態調査報告」Isotope News2010年4月号No.672:25-29

和文著書

  1. 日本内分泌外科学会、日本甲状腺外科学会 編 「甲状腺腫瘍診療ガイドライン」作成委員会 (高見博 理事長、吉田明委員長、 岡本高宏副委員長、赤須東樹、五十嵐健人、伊藤康弘、今井常夫、岩崎博幸、内野真也、小野田尚佳、亀山香織、菅間博、北川亘、北野博也、絹谷清剛、小林薫、斎川雅久、茂松直之、杉谷巌、杉野公則、鈴木真一、田中克浩、筒井英光、野口靖志、原尚人、東 達也、日比八束、福成信博、 藤森実、三浦大周、宮川めぐみ、和田修幸、 吉田雅博顧問)著 「甲状腺腫瘍診療ガイドライン」金原出版株式会社 発行年月 2010年10月  ISBN:978-4-307-20283-1
  2. 日本核医学会 Gamut of FDG-PET 作成ワーキンググループ編 Gamut of FDG-PET 作成委員会著(御前隆、石津浩一、石守崇好、工藤崇、中本裕士、東 達也、細野眞)「Gamut of FDG-PET」発行 日本メジフィジックス株式会社、発行年月 2010年11月
  3. 東 達也西井龍一、板坂聡。「RI治療」特集・最新の放射線治療、「これだけは知っておきたい 放射線療法Q&A –基本知識と最前線 - 」がん治療レクチャー(総合医学社)Vol.2 No.1 P65-69, 2011

国際学会

  1. Ryuichi Nishii, Tomohiro Kumada, Tatsuya Higashi, Tomoko Miyajima, Nozomi Oda, Hideki Shimomura, Keiko Saito, Shinya Kagawa, Tatsuya Fujii. Ketogenic diet may control seizures by increasing the binding potential of the benzodiazepine receptor: A soeculation based on the 3 cases examined using [C-11] flumazenil-positron emission tomography. International Symposium on the Dietary Treatment for Epilepsy and Other Neurological Disorders. Edinburgh, UK, October 5th-8th, 2010
  2. Ryuichi Nishii, Hiroshi Mizuma, Shinya Kagawa, Akiko Tachibana, Kazuhiro Takahashi, Hajime Yamanaka, Tatsuya Higashi, Juri Gelovani, Hirotaka Onoe. Activity-related Changes in Brain HDAC using [18F]FAHA PET in Rats and Monkeys World Molecular Imaging Conference 2010 Kyoto, September 9-13th, 2010
  3. Tatsuya Higashi, Ryuichi Nishii, Shinya Kagawa, Keiichi Kawai, Masato Kobayashi, Masaaki Takahashi, Yoshihiko Kishibe. Usefulness of New Amino Acid Radiotracer, [11C]MeAIB, in the Oncologic PET Diagnosis of Chest Malignancies. 57th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine, Salt Lake City, USA, June 11th, 2010.
  4. Ryuichi Nishii, Hsin Hsien Yeh, Uday Mukhopadhyay, Suren Soghomonyan, Julius Balatoni, Osama Mawlawi, Mian Alauddin, Tatsuya Higashi, William Tong, and Juri Gelovani. Preclinical assessment of [18F]-FAHA PET imaging as a novel biomarker for HDAC activity. 57th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine, Salt Lake City, USA, June 11th, 2010
  5. Ryuichi Nishii, Tatsuya Higashi, Shinya Kagawa, Masato Kobayashi, Yoshihiko Kishibe, Masaaki Takahashi, Shigeki Nagamachi, Keiichi Kawai. Assessment of efficacy of [11C]-MeAIB PET as a biomarker of the system A amino acid transport: Comparison with [11C]-MET PET and [18F]-FDG PET in the patients with glioblastoma multiforme. 57th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine, Salt Lake City, USA, June 11th, 2010.
  6. Shinya Kagawa, Ryuichi Nishii, Tatsuya Higashi, Fumiya Takahashi, Kazuyo Ohe, Hiroyuki Okudaira, Masato Kobayashi, Tomoya Uehara, Yasushi Arano, Keiichi Kawai Compared with gene expression levels of amino acid transporter and accumulation of [14C]MeAIB and [3H]MET in human carcinomas, World Molecular Imaging Congress(WMIC)2010. Sep 10, 2010; Kyoto, Japan

国内学会

  1. 東 達也西井龍一加川信也岸辺喜彦高橋昌章  アミノ酸ポジトロン製剤MeAIBを用いた胸部腫瘍PET診断の初期経験 第43回日本核医学会近畿地方会、2010年07月24日 大阪、国際交流センター
  2. 東 達也西井龍一加川信也岸辺喜彦高橋昌章 新規アミノ酸ポジトロン製剤MeAIBによる胸部腫瘍PET診断 第50回日本核医学会学術総会、2010年11月11日 大宮ソニックシティ、埼玉
  3. 東 達也西井龍一加川信也、宮本憲一、岡諭、浅越康助、内海貴彦、鈴木孝世 悪性リンパ腫ステージングにおける新規アミノ酸PET製剤MeAIBの臨床応用 第24回京滋臨床血液研究会、2011年02月04日 シェラトン都ホテル京都、京都
  4. 東 達也西井龍一加川信也岸辺喜彦高橋昌章、渡邉壽規、中奥敬史、泰間美紀、野原淳、中谷光一 激しい咽頭喉頭痛と咳嗽を示した壮年男性の1例 第114回核医学症例検討会、2011年02月05日 ホテルホップインアミング、尼崎、兵庫
  5. 西井龍一加川信也東 達也岸辺喜彦高橋昌章、小林正和、川井恵一、上原知也、荒野 泰、長町茂樹 新規アミノ酸 [11C]MeAIB-PETの神経膠芽腫における[11C]METと[18F]FDGとの比較評価 第50回日本核医学会学術総会、2010年11月11日 大宮ソニックシティ、埼玉
  6. 西井龍一東 達也、藤田喜治、草野邦典、岸辺喜彦高橋昌章、齊藤景子、熊田知浩、福田篤、宮川忠士、中山功、藤井達哉 弧発性片麻痺性片頭痛小児症例の脳SPECT 核医学症例検討会 2010年8月7日 グランビアホテル大阪、大阪
  7. 西井龍一東 達也、本山秀樹、加川信也岸辺喜彦高橋昌章、小林正和、川井恵一、中谷光一、川上賢三 システムA系アミノ酸輸送マーカーMeAIBによる胸部腫瘍PET診断 第5回日本分子イメージング学術総会 2010年5月22-23日 ピアザ淡海 大津
  8. 加川信也西井龍一東達也岸辺喜彦高橋昌章、大江和代、高橋典也、奥平宏之、小林正和、上原知也、荒野泰、川井恵一 ヒト腫瘍細胞における[14C]MeAIBと[3H]METの集積量とアミノ酸トランスポーターの発現量との比較 第50回日本核医学会学術総会 平成22年11月11-13日 大宮
  9. 加川信也西井龍一東 達也岸辺喜彦高橋昌章、大江和代、高橋典也、小林正和、川井恵一、齋木雅章 システムAアミノ酸輸送PETイメージング[11C]MeAIB-PETの評価 -神経膠芽腫における[11C]METと[18F]FDGとの比較- 第五回日本分子イメージング学会 平成22年5月14-15日 大津

講演-国際学会

  1. Ryuichi Nishii, Tatsuya Higashi Clinical Application of System A Amino Acid Transport PET Imaging with [11C]-MeAIB 8th Symposium for Future Drug Discovery and Medical Care Sapporo, September 2nd-3rd, 2010.
  2. Higashi T. “Other promising tracers -- overview of Japanese situation.” In the session of "New Technologies in Oncological PET/CT Imaging: Japan and the United States" (as an educational lecturer) 57th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine, Salt Lake City, USA, June 14h, 2010.

講演-国内学会

  1. 東 達也「臨床(2) 甲状腺癌内用療法総論」第10回日本核医学会 春季大会「I-131 (1,110MBq)による残存甲状腺破壊(アブレーション)の外来治療における適正使用に関する講習会」(教育講演)、2010年5月7日 タワーホール船堀、東京
  2. 東 達也「甲状腺腫瘍ガイドライン:放射線治療に関して」第22回日本内分泌外科学会「甲状腺腫瘍ガイドライン」(教育講演)、2010年6月12日 千里ライフサイエンスセンター、大阪
  3. 東 達也「腫瘍PET overview post FDGまで」第37回多摩核医学技術検討会(特別講演)、2010年6月15日 立川グランドホテル、立川市東京
  4. 東 達也「骨シンチ、腫瘍PET診断からRI治療最近の話題」第273回日本核医学技術学会近畿地方会 (教育講演)、2010年9月4日 島津製作所関西支社ホール、大阪
  5. 東 達也「腫瘍PET overview post FDGまで」第6回愛知PET臨床利用研究会(特別講演)、2010年10月2日 名古屋クレストンホテル、名古屋
  6. 東 達也「転移性骨腫瘍―有痛性骨腫瘍に対するストロンチウム-89について」滋賀県立成人病センター放射線治療勉強会(教育講演)、2010年10月5日 滋賀県立成人病センター研究所、守山、滋賀
  7. 東 達也「腫瘍PET overview post FDGまで」 第17回富山臨床核医学研究会(特別講演)、2010年10月8日 名鉄トヤマホテル、富山
  8. 東 達也「I-131放射性ヨード内用療法 ―基礎から臨床まで―」第6回みえてく・三重放射線技師学会(教育講演)、2010年10月20日 プラザ洞津、津市、三重
  9. 東 達也「腫瘍PET ―FDGの基礎から将来展望―」第2回京都癌PETカンファレンス(特別講演)、2010年10月21日 京都府立医科大学、青蓮会館、京都
  10. 東 達也「甲状腺・腫瘍核医学の現状と展望」第6回長崎核医学研究会(特別講演)、2010年11月19日 長崎新聞文化ホール アストピア、長崎
  11. 東 達也「病理診断支援・教育センター部門の設立と今後の展開」 滋賀県立成人病センター 創立40周年記念講演会(講演)、2010年11月20日 ピアザ淡海、大津、滋賀
  12. 東 達也「画像診断の新展開と画像ネットワーク構想」 滋賀県立成人病センター 地域医師ならびに元勤務者懇談会(講演)、2010年12月11日 滋賀県立成人病センター研究所講堂、守山、滋賀
  13. 山内 浩西井龍一東 達也加川信也,福山秀直 アテローム硬化性中大脳動脈閉塞性疾患における線条体動脈領域梗塞と脳循環障害の関係 第51回日本神経学会総会、2010年5月20日(木)~22日(土)、東京
  14. 山内 浩西井龍一東 達也加川信也,福山秀直 脳主幹動脈閉塞性疾患における大脳皮質中枢性ベンゾジアゼピン受容体低下と遂行機能障害との関連 第22回日本脳循環代謝学会総会、11月26日(金)〜27日(土)、大阪

受賞等

  1. 東達也西井龍一加川信也岸辺喜彦高橋昌章 平成22年6月 The 57th Society of Nuclear Medicine (SNM) Annual Meeting, Salt Lake City, US. 臨床腫瘍研究部門、最優秀論文賞
  2. 西井龍一加川信也東達也 平成22年6月 The 57th Society of Nuclear Medicine (SNM) Annual Meeting, Salt Lake City, US.神経研究部門、最優秀論文賞2位

遺伝子研究部門

英語論文

  1. Matsumoto Y, Marusawa H, Kinoshita K, Niwa Y, Sakai Y, Chiba T. Up-regulation of activation-induced cytidine deaminase causes genetic aberrations at the CDKN2b-CDKN2a in gastric cancer. Gastroenterology 139: 1984-1994, 2010.

国際学会

  1. Kinoshita K, Nonaka T, Takai A, Marusawa H, Chiba T, Hiai H, Honjo T. Carcinogenesis by activation-induced cytidine deaminase. 第14回国際免疫学会議 平成22年8月26日 神戸
  2. Osaka M, Tanuma J, Tanigaki K, Kinoshita K, Muraki K, Liu H.B, Omi N, Jiang L, Higashi K, Hiai H. Characterization of resistance gene to chemical hepatocarcinogenesis in the DRH rats. The XVⅢth International Workshop on Genetic Systems in the Rat, 京都、2010年11月.

国内学会

  1. 植村宗弘、丹羽陽子、木下和生 部位特異的組換え酵素と蛍光タンパクを用いた染色体手術法の開発 第57回日本生化学会近畿支部例会 平成22年5月22日 生駒市
  2. 植村宗弘、丹羽陽子、嘉数直樹、足立典隆、木下和生 Cre組換え酵素に寄る染色体間組換え頻度測定により明らかとなったテロメア近傍遺伝子のアクセシビリティー 第33回日本分子生物学会年会第83回日本生化学会大会合同大会 平成22年12月9日 神戸

受賞等

  1. 植村宗弘、丹羽陽子、木下和生 第57回日本生化学会近畿支部例会 優秀発表賞

神経病態研究部門

英語論文

  1. Ishifune C, Maekawa Y, Nishida J, Kitamura A, Tanigaki K, Yagita H, Yasutomo K. Notch signaling regulates the development of a novel type of Thy1-expressing dendritic cell in the thymus. Eur J Immunol 41(5):1309-20. 2011
  2. Tanigaki K, Honjo T. Two opposing roles of RBP-J in Notch signaling. Curr Top Dev Biol 92:231-52. 2010

和文著書

  1. 谷垣健二 Notchシグナル 生化学辞典 朝倉書店 2010

国際学会

  1. K. M. HARPER, T. HIRAMOTO, G. SUZUKI, K. TANIGAKI, G. KANG, W. S. TRIMBLE, N. HIROI Sept5 in the amygdala is a determinant for social behavior in mice. Neuroscience2010, Nov 15, SanDiego, USA
  2. D. SCOTT, T. HIRAMOTO, M. LEE, J. SCHLOSSMANN, F. HOFMANN, K. TANIGAKI, N. HIROI Sept5 in the amygdala is a determinant for social behavior in mice. Neuroscience2010, Nov 15, SanDiego, USA
  3. M. TORITSUKA, K. MURAKI, S. KIMOTO, T. KISHIMOTO, K. TANIGAKI The mapping of quantitative trait loci underlying strain difference in nicotine effect on MK801-induced locomotion between C57Bl6 and 129Sv. Neuroscience2010, Nov 17, SanDiego, USA
  4. Osaka M, Tanuma J, Tanigaki K, Kinoshita K, Muraki K, Liu H.B, Omi N, Jiang L, Higashi K, Hiai H. Characterization of resistance gene to chemical hepatocarcinogenesis in the DRH rats. The XVⅢth International Workshop on Genetic Systems in the Rat, 京都、2010年11月.

国内学会

  1. 谷垣健二 RBP-J による神経細胞成熟の制御 第25回 神経組織の成長・再生・移植研究会 2010年5月22日 大阪 招待公演 シンポジウム
  2. 村木一枝、鳥塚通弘、紀本創兵、岸本年史、谷垣健二 The mapping of quantitative trait loci underlying strain difference in nicotine effect on MK801-induced locomotion between C57Bl6 and 129Sv 第33回日本神経科学会 2010年9月2日 神戸
  3. 谷垣健二 ニコチンと統合失調症の遺伝学的な側面 第30回 日本社会精神医学会 2011年3月4日 招待公演 シンポジウム

講演-国内学会

  1. 谷垣健二「RBP-J promotes neuronal maturation.」 京都大学大学院大学 医学研究科 遺伝薬理学講座、2010年5月20日、京都
  2. 谷垣健二「22q11.2欠損症候群と統合失調症」 奈良県立医科大学 6月22日、奈良
  3. 谷垣健二「22q11.2欠損症候群と統合失調症」 大阪バイオサイエンス研究所 2011年2月3日、大阪

病理診断・教育支援センター

和文著書

  1. 編集・著書:真鍋俊明、清水道生「皮膚腫瘍Ⅰ 角化細胞性腫瘍、附属器系腫瘍と皮膚特有の間葉系腫瘍」文光堂 2010年11月
  2. 編集・著書:真鍋俊明、清水道生「皮膚腫瘍Ⅱ メラノサイト系腫瘍とリンパ・組織球・造血系腫瘍」文光堂 2010年11月

講演-国内学会

  1. 真鍋俊明「病理部門の管理規制制度:米国における病理管理制度-CAPを中心に」 日本病理学会春期特別総会.平成22年4月27日. 京都市
  2. 真鍋俊明「病理学とITとのコラボレーション:精度管理を中心に」 日本病理学会春期特別総会.平成22年4月29日. 東京都
  3. 真鍋俊明「CPC」日本皮膚科学会西部支部学術集会. 平成22年10月23日. 倉敷市
  4. 真鍋俊明「滋賀県における病理診断支援ネットワーク形成の現状と将来」 信州大学医学部臨床検査医学教室講演会. 平成22年11月11日. 松本市
  5. 真鍋俊明「海外の剖検事情;視察報告」 厚生労働省班研究中間報告会. 平成22年12月23日. 東京都

教育活動

  1. 真鍋俊明:炎症の病理.京都大学医学研究科大学院 コースミーティング講義 平成22年7月5日 京都市
  2. 真鍋俊明:病理学・臨床検査医学・分子生物学. がん治療認定医セミナー.平成22年11月20日.幕張メッセ
  3. 真鍋俊明:病気と病態:病理検査.藤田保健衛生大学学生講義.平成22年12月17日
  4. 真鍋俊明:病気と病態:病理診断はシャーロック・ホームズのように.藤田保健衛生大学学生講義.平成22年12月17日
  5. 真鍋俊明:腫瘍の病理診断と臨床医へのメッセージ.藤田保健衛生大学大学院学生講義.平成22年12月17日
  6. 真鍋俊明:滋賀ものづくりクラスター 外部評価委員会.コラボしが21 平成23年3月3日 大津市