遺伝子検査について

PET(ペット)検査は代謝の状態を画像としてとらえる診断法でがんの進行度、治療効果、再発の有無などを判定するために使われています。糖代謝を反映するFDG(エフディージー)という診断用薬剤を用いた FDG-PET が一般的です。PETと内臓の位置を描き出すCTを組み合わせた総合画像診断も行なわれています。

PET(ペット)は最新のイメージング検査の一つです。詳しく言うと、陽電子(ポジトロン)断層撮影法(positron emission tomography)の略で、陽電子(ポジトロン)という特殊な放射性物質が放出する2本の消滅放射線を検出器で計測し、体内の薬剤分布を画像化する代謝画像を用いた診断法ということになります。健康保険にも収載されている糖代謝を反映したF-18標識フルオロデオキシグルコース(FDG)を用いた(FDG-PET)が一般的です。PET単独で撮影するPET単独機と、CTと同時撮影するPET/CTがあり、当研究所には両者1台づつあります。PET/CTは一度にPETとCTの両方の画像で診断できる「総合画像診断」として多くの腫瘍でステージングや治療効果判定、再発診断などに用いられています。なお当研究所では、PET単独機でもすでに撮影済みのCT画像があれば、融合画像を撮影し、PET/CTと同様の「総合画像診断」を行っています。

PET単独機 PET/CT
PET単独機 PET/CT

FDG-PET検査の原理

FDG-PETのPETCT画像 肺がんの例悪性腫瘍は一般に糖代謝が亢進し、グルコースの取込みが高くなっています。FDGはグルコース類似体として腫瘍細胞内に蓄積しますが、正常組織は通常経時的に集積低下するため、コントラストの良い画像が得られます。
PETは定量性に優れており、病変の糖代謝をSUV(standardized uptake value)(主にSUVmaxが用いられる)と呼ばれる指数で評価でき、良悪性鑑別や治療効果判定等に利用可能です。が、SUVは機種、解析法など諸条件に左右されるため、1割程度の誤差を考慮する必要があります。


FDG-PET検査の適応

早期胃癌以外全ての癌腫で保険適応です。内視鏡的な小胃癌では、胃の生理集積も高くPETでは検出困難なため、早期胃癌は適応外です。残念ながら腫瘍マーカーが高いだけなどの腫瘍疑いのみでは保険適応にはなりません。当研究所では検診目的のPETも行っておりません。
PETは全身把握が容易なため治療開始前のステージング(病期の確認)に有用で、遠隔転移や同時多発癌の検出に優れています。CTでは指摘できないような骨転移の検出など、治療方針の決定にも大きく影響するため、手術などの大きな治療の前には必須の検査と考えられています。

FDG-PETの前処置

通常4-5時間以上の絶食が必要です(水、お茶は飲んでもかまいません)。
糖尿病の方は注意が必要です。主治医とご相談ください(下記の参照文を見てください:pdfファイルはこちら)。入院中の方で点滴にブドウ糖が含まれる場合は点滴内容の変更が必要です。

FDG-PET検査での食事指示について

検査時の注意事項

  • 検査前の約5時間は絶食です。
  • 糖分を含んだ水分の飲水も禁止です。
  • 糖分を含んだ点滴も禁止です。
  • たとえば午後2時の検査ですと、朝食は午前9時までに終えてください。
  • お水やお茶は構いません。
  • 紅茶・コーヒーもブラックは結構ですが、砂糖・ミルクは入れないでください。
  • ガムはあごの筋肉に生理的集積を来しますので、好ましくありません。

糖尿病の患者さん向けの追加の注意点

糖尿病治療中の患者さんへのFDG-PET検査時の指示

検査時の注意事項

  • 検査前の約5時間は血糖降下剤やインスリン注射も禁止です。
  • 検査が午後の場合(当院ではこれが原則です)、朝食をとり、昼食を抜き、朝はいつも通りに経口血糖降下剤やインスリンを行うのが原則です。
  • 上記のように、いつも通りの朝食・治療の後、7時間(5+検査時間2時間)程度の絶食が続いても低血糖の危険がないと予想されれば、少々血糖値が高くても構いません。
  • 血糖値が高いからと言って、インスリン注射をすると体内の糖分布が変化し、検査結果に修飾がでます。無理に下げることは好ましくありません。
  • しかし、血糖コントロールが悪く、7時間の絶食中に低血糖発作を起こす危険性のある方は原則通りには出来ません。
  •    ↓
  • 血糖コントロールが悪く、低血糖の危険性のある患者さんの場合には、主治医や検査担当医の指示に従ってください。
  • 検査が午前の場合、朝食・昼食抜きとして、朝の経口血糖降下剤やインスリンも行わずに検査するのがよいでしょう。

FDG-PET検査の方法

FDGを静脈注射後、通常1時間程度で撮影を開始します。撮影は検査ベッド上に仰向けになっていただき、全身の撮影を約20-30分で行います。検査ベッドが自動的に動いて撮影していきます。息は止めずに楽にしておいてください。 時に追加で遅延相撮影を行うことがあります。一般に遅延相で正常組織は集積低下し、多くの腫瘍では集積亢進するため、良悪性鑑別に用いることもあります。

副作用・被ばく

PETに限らず一般に核医学製剤は検査に必要な程度の放射能はありますが、その物質量そのものはごくわずか(FDGでは数μg程度)でいわゆる薬理作用(身体に対する薬物反応)がないため、アレルギー反応なども起こしませんし、CTMRIの造影剤のような注射時の不快感や副作用も起こりません。ご安心ください。 全身の被ばくはPET単独機で3.5mSv程度、PET/CTで5-7mSv程度で、自然界から受ける年間放射線量の2.4mSvを超える程度です。一般的に通常のCT検査の被ばくと同等ないしより低いので、ご安心ください。

研究用PET

当研究所ではメチルAIB(エーアイビー)を始めとする、いろいろな研究用の薬剤を開発し、研究用のPETも行っています。詳しくは当研究所画像部門の業績集をご覧ください。

メチルAIBを用いたPET検査

業績