「全県型遠隔病理診断ICTネットワーク」の名称を募集します!!

2013年7月1日

全国的に、がんであるかどうかを診断する専門医師(病理医)は少なく、高齢化し、今後さらに少なくなっていくのではと懸念されています。滋賀県においても59病院のうち病理医がいるのは9病院となっています。

そこで、滋賀県立成人病センターでは、がんであるかどうかを診断する病理診断が県内何処でも受けられるよう情報通信技術(ICT)を活用した「全県型遠隔病理診断ネットワーク事業」を考案し、その整備・普及に努めてきました。

この度ネットワーク体制が整い、システムの本格稼働を迎えることができましたので、より一層このネットワークを広げていく一歩として、ネットワークの名称を募集します。

全県型遠隔病理診断ネットワークの効果

  • 患者の精神的ストレスの軽減

    ネットワークの利用により、検体採取から診断までの時間が短縮されるため、結果を待っている間の精神的ストレスが軽減されます。

  • 手術中の病理診断が可能に

    ネットワークの利用により、手術中に病理診断ができる手術が病理医のいない病院でも行えるようになります。

  • 病理医の負担軽減

    専用機器の利用で業務を簡素化し、病理医の負担を軽減します。

  • 複数の病理医による助け合い

    ネットワークの利用により、他の病理医に診断を依頼することや、診断の相談をすることができるようになります。それにより質の高い診断が提供できるようになります。

※この事業の詳しい説明は、下記のホームぺージからご覧いただけます。

「滋賀県における全県型遠隔病理診断ネットワーク事業について」
http://www.shigamed.jp/telepathology.html

募集内容

募集期間
平成25年7月1日から平成25年7月31日まで
応募方法
下記添付の応募用紙に記入のうえ、直接、郵送、FAXまたはEメールにて提出してください。
優秀作品の選考と発表
  1. 優秀作品の選考は滋賀県病理ICT協議会において行います。
  2. 応募者全員にDVD「いきいき健康ライフ がんを予防し上手に治す(監修:滋賀県立成人病センター 制作:BBCびわ湖放送)」を進呈することとし、優秀作品の応募者には、図書券3千円分を進呈します。
  3. 優秀作品の発表は9月の予定です。県ホームページ、滋賀県立成人病センターホームページ、滋賀県立成人病センター研究所ホームページで発表するほか、優秀作品応募者に通知します。発表にあたっては、(1)氏名、(2)住所(都道府県名および市町村名)、(3)名称の理由を公表します。
  4. 優秀作品の中から、もしくは優秀作品を参考として、滋賀県病理ICT協議会において名称を決定します。
その他
  1. 応募に際して記載された個人情報については、本募集以外の目的では使用しません。
  2. 優秀作品の著作権、使用権は、滋賀県に帰属します。
応募用紙
応募用紙 [PDF: 44KB]
提出先および問い合わせ先
滋賀県立成人病センター研究所
〒524-8524 滋賀県守山市守山五丁目4番30号
電話:077-582-6034  FAX:077-582-6041  E-mail:kenkyu@res.med.shiga-pref.jp