JavaScript対応ブラウザで表示してください。
画像研究部門

スタッフ

山内 浩 副所長 山内 浩(やまうち ひろし)
専門 脳PET、脳機能イメージング、神経内科学、脳循環代謝学
略歴 昭和57年 京都大学医学部卒業、京都大学医学部神経内科学教室入局。平成3年 京都大学大学院博士課程修了(医学博士)、 平成10 - 18年 滋賀県立成人病センター研究所研究員、平成18 - 23年 京都大学医学研究科附属脳機能総合研究センター准教授
抱負 [表示/非表示の切替]

京都大学大学院博士課程(臨床神経学)入学以来、PETおよびMRIを用いた脳神経疾患の臨床研究に携わっています. 滋賀県立成人病センター研究所では、これまでつちかってきた経験を生かし、PETをもちいて、脳神経疾患、特に脳血管障害や認知症の病態研究を、さらに進めていきたいと思っています.成人病センターという 有数の臨床施設内にあることを生かして、病院の豊富な患者数と高度の先端医療を背景に、実際の治療を念頭に置いた、患者さんに還元できる研究をしていきます.その結果として、滋賀県民の健康維持や、患者さんの機能予後の改善に貢献していきたいと思います.

主な論文 [表示/非表示の切替]
  1. Yamauchi H, Nishii R, Higashi T, Kagawa S, Fukuyama H. Silent cortical neuronal damage in atherosclerotic disease of the major cerebral arteries. J Cereb Blood Flow Metab 2011; 31:953-961
  2. Yamauchi H, Nishii R, Higashi T, Kagawa S, Fukuyama H. Selective neuronal damage and Wisconsin Card Sorting Test performance in atherosclerotic occlusive disease of the major cerebral artery. J Neuro Neurosurg Psychiatry 2011; 82:150-156
  3. Yamauchi H, Nishii R, Higashi T, Kagawa S, Fukuyama H. Hemodynamic compromise as a cause of internal border-zone infarction and cortical neuronal damage in atherosclerotic middle cerebral artery disease. Stroke 2009;40:3730-3735
  4. Yamauchi H, Kudoh T, Kishibe Y, Iwasaki J, Kagawa S. Selective neuronal damage and chronic hemodynamic cerebral ischemia. Ann Neurol 2007; 61: 454-464.
  5. Yamauchi H, Kudoh T, Kishibe Y, Iwasaki J, Kagawa S. Selective neuronal damage and borderzone infarction in carotid artery occlusive disease: A 11C-flumazenil PET study. J Nucl Med 2005;46:1973-1979
  6. Yamauchi H, Kudoh T, Sugimoto K, Takahashi M, Kishibe Y, Okazawa H. Altered patterns of blood flow response during visual stimulation in carotid artery occlusive disease. NeuroImage 2005; 25: 554-560
  7. Yamauchi H, Kudoh T, Sugimoto K, Takahashi M, Kishibe Y, Okazawa H. Pattern of collaterals, type of infarcts, and hemodynamic impairment in carotid artery occlusion. J Neuro Neurosurg Psychiatry 2004; 75: 1697-1701
  8. Yamauchi H, Okazawa H, Sugimoto K, Kishibe Y, Takahashi M. The effect of deafferentation on the blood flowresponse to acetazolamide. AJNR Am J Neuroradiol 2004; 25: 92-96.
  9. Yamauchi H, Okazawa H, Kishibe Y, Sugimoto K, Takahashi M. Oxygen extraction fraction and acetazolamide reactivity in symptomatic carotid artery disease. J Neuro Neurosurg Psychiatry 2004; 75: 33-37
  10. Yamauchi H, Okazawa H, Kishibe Y, Sugimoto K, Takahashi M. The effect of acetazolamide on the changes of cerebral blood flow andoxygen metabolism during visual stimulation. NeuroImage 2003; 20: 543-549
  11. Yamauchi H, Okazawa H, Kishibe Y, Sugimoto K, Takahashi M. Reduced blood flow response to acetazolamide reflects pre-existing vasodilation and decreased oxygen metabolism in major cerebral arterial occlusive disease. Eur J Nucl Med 2002; 29: 1349-1356
  12. Yamauchi H, Okazawa H, Kishibe Y, Sugimoto K, Takahashi M. Changes in blood flow and oxygen metabolism during visual stimulation in carotid artery disease: Effect of baseline perfusion and oxygen metabolism. Stroke 2002; 33:1294-1300
  13. Yamauchi H, Fukuda H, Oyanagi C. Significance of white matter high-intensity lesions as a predictor of stroke from arteriolosclerosis. J Neuro Neurosurg Psychiatry 2002; 72:576-582
  14. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Katsumi Y, Hayashi T, Oyanagi C, Konishi J, Shio H. Comparison of the pattern of atrophy of the corpus callosum in frontotemporal dementia, progressive supranuclear palsy, and Alzheimer's disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2000; 69: 623-629.
  15. Yamauchi H, Fukuyama H, Shio H. Corpus callosum atrophy in patients with leukoaraiosis may indicate global cognitive impairment. Stroke 2000; 31: 1515-1520
  16. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Oyanagi C, Okazawa H, Ueno M, Konishi J, Shio H. Long-term changes of hemodynamics and metabolism after carotid artery occlusion. Neurology 2000; 54:2095-2102
  17. Yamauchi H, Fukuyama H, Dong Y, Nabatame H, Nagahama Y, Nishizawa S, Konishi J, Shio H. Atrophy of the corpus callosum associated with a decrease in cortical benzodiazepine receptor in large cerebral arterial occlusive diseases. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2000; 68(3):317-322.
  18. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Nabatame H, Ueno M, Nishizawa S, Konishi J, Shio H. Significance of increased oxygen extraction fraction in 5-year prognosis of major cerebral arterial occlusive diseases. J Nucl Med 1999; 40:1992-199
  19. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Shiozaki T, Nishizawa S, Konishi J, Shio H, Kimura J. Brain arteriolosclerosis and hemodynamic disturbance may induce leukoaraiosis. Neurology 1999; 53 1833-1838
  20. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Nishizawa S, Konishi J. Uncoupling of oxygen and glucose metabolism in persistent crossed cerebellar diaschisis. Stroke 1999; 30 1424-1428
  21. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Okazawa H, Konishi J. A decrease in regional cerebral blood volume and hematocrit in crossed cerebellar diaschisis. Stroke 1999; 30 1429-1431.
  22. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Katsumi Y, Hayashi T, Okazawa H, Yonekura Y. Selective cerebral hematocrit decrease in the centrum semiovale after carotid artery occlusion: A PET study. J Cereb Blood Flow Metab 1999; 19 109-114
  23. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Katsumi Y, Dong Y, Konishi J, Kimura J. Atrophy of the corpus callosum, cortical hypometabolism and cognitive impairment in corticobasal degeneration. Arch Neurol 1998; 55: 609-614.
  24. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Katsumi Y, Okazawa H. Cerebral hematocrit decreases with hemodynamic compromise in carotid artery occlusion. A PET study. Stroke 1998; 29: 98-103
  25. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Katsumi Y, Dong Y, Konishi J, Kimura J. Atrophy of the corpus callosum, cognitive impairment, and cortical hypometabolism in progressive supranuclear palsy. Ann Neurol 1997; 41: 606-614.
  26. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Katsumi Y, Dong Y,Konishi J, Kimura J. Atrophy of the corpus callosum associated with cognitive impairment and widespread cortical hypometabolism in carotid artery occlusive disease. Arch Neurol 1996; 53: 1103-1109.
  27. Yamauchi H, Fukuyama H, Nagahama Y, Nabatame H, Nakamura K, Yamamoto Y, Yonekura Y,Konishi J, Kimura J. Evidence of Misery Perfusion and Risk for Recurrent Stroke in Major Cerebral Arterial Occlusive Diseases from PET. J Neurol Neurosurg Psychiatry 1996; 61: 18-25.
  28. Yamauchi H, Fukuyama H, Ouchi Y, Nagahama Y, Kimura J, Asato R, Konishi J. Corpus Callosum Atrophy in Amyotrophic Lateral Sclerosis. J Neurol Sci 1995; 134: 189-196.
  29. Yamauchi H, Pagani M, Fukuyama H, Ouchi Y, Nagahama Y, Matsuzaki S, Kimura J, Yonekura Y, Konishi J. Progression of Atrophy of The Corpus Callosum with Deterioration of Cerebral Cortical Oxygen Metabolism after Carotid Artery Occlusion. A Follow Up Study with MRI and PET. J Neurol Neurosurg Psychiatry 1995; 59: 420-426.
  30. Yamauchi H, Fukuyama H, Kimura J, Ishikawa M, Kikuchi H.: Crossed Cerebellar Hypoperfusion Indicates The Degree of Uncoupling between Blood Flow and Metabolism in Major Cerebral Arterial Occlusion. Stroke 1994; 25: 1945-1951.
  31. Yamauchi H, Fukuyama H, Ogawa M, Ouchi Y, Kimura J: Callosal Atrophy in Patients with Lacunar Infarction and Extensive Leukoaraiosis: An Indicator of Cognitive Impairment. Stroke 1994; 25: 1788-1793.
  32. Yamauchi H, Fukuyama H, Ogawa M, Ouchi Y, Kimura J: Hemodilution improves cerebral hemodynamics in internal carotid artery occlusion. Stroke 1993; 24: 1885-1890.
  33. Yamauchi H, Fukuyama H, Harada K, Nabatame H, Ogawa M, Ouchi Y, Kimura J, Konishi J: Callosal Atrophy Parallels Decreased Cortical Oxygen Metabolism and Neuropsychological Impairment in Alzheimer's disease. Arch Neurol 1993; 50: 1070-1074.
  34. Yamauchi H, Fukuyama H, Kimura J, Nabatame H, Harada K: Callosal Atrophy with Reduced Cortical Oxygen Metabolism in Carotid Artery disease. Stroke 1993; 24: 88-93
  35. Yamauchi H, Fukuyama H, Yamaguchi S, Doi T, Ogawa M, Ouchi Y, Kimura J, Sadatoh N, Yonekura Y, Tamaki N, Konishi J: Crossed Cerebellar Hypoperfusion in Unilateral Major Cerebral Artery Occlusive Disorders. J Nucl Med 1992; 33:1632-1636
  36. Yamauchi H, Fukuyama H, Kimura J: Hemodynamic and Metabolic Changes in Crossed Cerebellar Hypoperfusion. Stroke 1992; 23:855-860
  37. Yamauchi H, Fukuyama H, Nabatame H, Fujimoto N, Kimura J: Significance of Low Perfusion with Increased Oxygen Extraction Fraction in a Case of Internal Carotid Artery Stenosis. Stroke 1992; 23: 431-432.
  38. Yamauchi H, Fukuyama H, Yamaguchi S, Miyoshi T, Kimura J, Konishi J: High Intensity Area in the Deep White Matter indicating Hemodynamic Compromise in Internal Carotid Artery Occlusive Disorders. Arch Neurol 1991; 48: 1067-1071
  39. Yamauchi H, Fukuyama H, Harada K, Yamaguchi S, Miyoshi T, Doi T, Kimura J, Iwasaki Y, Asato R, Yonekura Y. White matter hyperintensities may correspond to areas of increased blood volume : Correlative MR and PET obserbations. J Comput Assist Tomogr 1990; 14: 905-908.
  40. Yamauchi H, Fukuyama H, Kimura J, Konishi J, Kameyama M: Hemodynamics in internal carotid artery occlusion examined by positron emission tomography. Stroke 1990; 21: 1400-1406
[表示/非表示の切替]
加川 信也 主任研究員 加川 信也(かがわ しんや)
専門 放射性薬品化学、PET・SPECT用診断薬に関する研究・開発
略歴 平成11年大阪薬科大学大学院薬学研究科修了、平成11-13年大阪大学医学部研究科トレーサ情報解析学研究部にて新規放射性薬剤の研究開発に従事、平成13-15年住重加速器サービス株式会社技術部にて国立循環器病センターのサイクロトロン装置運転及び保守管理業務に従事、平成16年から滋賀県立成人病センター研究所画像研究部門の研究員として勤務(薬剤師、第一種放射線主任者、博士)
抱負 [表示/非表示の切替]

PET・SPECT用放射性薬剤の研究開発
核医学検査法は、放射性同位元素で標識した化合物である放射性薬剤を工夫することによって、様々な機能の評価が可能であり、腫瘍、心筋梗塞、脳虚血性疾患など様々な疾病の診断や治療効果判定に貢献してきた。従って、更なる核医学検査の発展を目指し、これらの病態解析に有用な新規PET・SPECT用放射性薬剤の研究開発を行っていきたいと考えている。
また、臨床利用を視野に入れた自動合成装置の開発にも積極的に取り組み、核医学の分野において貢献したい。

主な論文 [表示/非表示の切替]
  1. Ono M, Cheng Y, Kimura H, Cui M, Kagawa S, Nishii R, Saji H. Novel (18)F-Labeled Benzofuran Derivatives with Improved Properties for Positron Emission Tomography (PET) Imaging of β-Amyloid Plaques in Alzheimer's Brains. J Med Chem. 54(8): 2971-2979, 2011.
  2. Hirata M, Kanai Y, Naka S, Matsumuro K, Kagawa S, Yoshimoto M, Ohmomo Y. Evaluation of radioiodinated quinazoline derivative as a new ligand for EGF receptor tyrosine kinase activity using SPECT. Ann Nucl Med. 25(2): 117-124, 2011.
  3. Yamauchi H, Nishii R, Higashi T, Kagawa S, Fukuyama H. Silent cortical neuronal damage in atherosclerotic disease of the major cerebral arteries. J Cereb Blood Flow Metab. 31(3): 953-961, 2011.
  4. Yamauchi H, Nishii R, Higashi T, Kagawa S, Fukuyama H. Selective neuronal damage and Wisconsin Card Sorting Test performance in atherosclerotic occlusive disease of the major cerebral artery. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 82(2): 150-156, 2011.
  5. Cheng Y, Ono M, Kimura H, Kagawa S, Nishii R, Kawashima H, Saji H. Fluorinated Benzofuran Derivatives for PET Imaging of β-Amyloid Plaques in Alzheimer's Disease Brains. ACS Med. Chem. Lett. 1(7): 321-325, 2010.
  6. Cheng Y, Ono M, Kimura H, Kagawa S, Nishii R, Saji H. A novel 18F-labeled pyridyl benzofuran derivative for imaging of β-amyloid plaques in Alzheimer's brains. Bioorg Med Chem Lett. 20(20): 6141-6144, 2010.
  7. Yamauchi H, Nishii R, Higashi T, Kagawa S, Fukuyama H. Hemodynamic compromise as a cause of internal border-zone infarction and cortical neuronal damage in atherosclerotic middle cerebral artery disease. Stroke. 40(12): 3730-3735, 2009.
  8. Kudo T, Hata T, Kagawa S, Kishibe Y, Iwasaki J, Okazawa H. Differences in early-phase tracer distribution in lung between 11C-acetate and 13N-ammonia. Nucl Med Commun. 30(5): 343-349, 2009.
  9. Kudo T, Hata T, Kagawa S, Kishibe Y, Iwasaki J, Nakano A, Okazawa H. Simple quantification of myocardial perfusion by pixel-by-pixel graphical analysis using carbon-11 acetate: comparison of the K-complexes of carbon-11 acetate and nitrogen-13 ammonia. Nucl Med Commun. 29(8): 679-685, 2008.
  10. Yamauchi H, Kudoh T, Kishibe Y, Iwasaki J, Kagawa S. Selective neuronal damage and chronic hemodynamic cerebral ischemia. Ann Neurol. 61(5): 454-465, 2007.
  11. Yamauchi H, Kudoh T, Kishibe Y, Iwasaki J, Kagawa S. Selective neuronal damage and borderzone infarction in carotid artery occlusive disease: a 11C-flumazenil PET study. J Nucl Med. 46(12): 1973-1979, 2005.
  12. Kagawa S, Nakano T, Inoue O, Nishimura T Effect of glutamatergic systems on in vivo binding of [(125)I] beta-CIT in the brain of a rat model of Parkinson's disease. Synapse. 46(1): 38-44, 2002.
  13. 加川信也アミロイドイメージング:インビボアルツハイマー病診断を目指して. ファルマシア. 38(2): 161-162, 2002.
  14. M Hirata, S Kagawa, M Yoshimoto, and Y Ohmomo Synthesis and Characterization of Radioiodinated MD-230254: A New Ligand for Potential Imaging of Monoamine Oxidase B Activity by Single Photon Emission Computed Tomography. Chem. Pharm. Bull. 50(5): 609-614, 2002.
  15. 加川信也ポジトロン標識薬剤‐[18F]FDGの製造‐. 核医学技術. 23(1): 30-36, 2003.
[表示/非表示の切替]
  診療放射線技師 高橋 昌章(たかはし まさあき)
福田 篤志 診療放射線技師 福田 篤志(ふくだ あつし)
専門 放射線科学、医学物理学
略歴 平成27年 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻博士後期課程修了。博士(保健学)。
平成11年 国立八日市病院、平成12年 国立循環器病センター、平成13年−平成21年 滋賀県立成人病センター、平成21年−平成29年 滋賀県立小児保健医療センター、平成29年より滋賀県立成人病センター研究所勤務。診療放射線技師、医学物理士。
抱負 [表示/非表示の切替]

平成11年に診療放射線技師免許を取得後、一般撮影装置、TV、CT、MRI、RI-PET、血管撮影装置、LINACを用いた研究を実施してきました。滋賀県立成人病センター研究所では、従来から実施してきた放射線機器工学・放射線計測学に加えて、PET-CT scannerの機器特性および解析技術等の研究を進めていきたいと考えています。

主な論文 [表示/非表示の切替]
  1. Fukuda A, Fukiage K, Futami T, Miyati T. 1.0 s Ultrafast MRI in non-sedated infants after reduction with spica casting for developmental dysplasia of the hip: a feasibility study. J Child Orthop. 2016 Jun;10(3):193-9.
  2. Fukuda A, Lin PJ, Matsubara K, Miyati T. Accuracy of gantry rotation time of less than 300 ms for modern MDCT systems. Radiol Phys Technol. 2015 Jan;8(1):141-5.
  3. Fukuda A, Matsubara K, Miyati T. Estimation of the life expectancy of a filament of the conventional X-ray unit: a technical case study. Radiol Phys Technol. 2015 Jan;8(1):107-10.
  4. Fukuda A, Matsubara K, Miyati T. Long-term stability of beam quality and output of conventional X-ray units. Radiol Phys Technol. 2015 Jan;8(1):26-9.
  5. Fukuda A, Lin PJ, Matsubara K, Miyati T. Evaluation of gantry rotation overrun in axial CT scanning. J Appl Clin Med Phys. 2014 Sep 8;15(5):4901.
  6. Fukuda A, Lin PJ, Matsubara K, Miyati T. Measurement of table feed speed in modern CT. J Appl Clin Med Phys. 2014 May 8;15(3):4703.
  7. Fukuda A, Lin PJ, Matsubara K, Miyati T. Measurement of gantry rotation time in modern ct. J Appl Clin Med Phys. 2014 Jan 6;15(1):4517.
  8. Fukuda A, Miyati T, Maruki M, Tomoda Y, Futami T. Multiple-echo data image combination in infants with developmental dysplasia of the hip: comparison with conventional T1-weighted and T2-weighted imaging. J Pediatr Orthop B. 2014 Jan;23(1):37-43.
  9. Fukuda A, Miyati T, Matsubara K. Where should we measure the entrance air kerma rate during acceptance testing of the automatic dose control of a fluoroscopic system? Radiol Phys Technol. 2013 Jul;6(2):313-6.
  10. Fukuda A. Pretreatment setup verification by cone beam CT in stereotactic radiosurgery: phantom study. J Appl Clin Med Phys. 2010 Aug 30;11(4):3162.
  11. Fukuda A. Kitabayashi K. Iwadate Y. Yamaguchi I. Exposure doses of Interventional Cardiologists during Intracoronary Radiotherapy with Phosphorus-32. Radioisotopes. 2003 Jul;52(7):327-334.
  看護師 池本 育子(いけもと いくこ)
  看護師 橋爪 泰子 (はしづめ やすこ)

画像研究部門の研究概要

画像研究部門は平成11年の研究所開設時に設置された部門で、主にPET検査による臨床および研究を行っている部門です。

PET検査とはポジトロンエミッションCT(陽電子放出断層撮影法)の略で、サイクロトロンと呼ばれる放射性同位元素の製造装置で作られたポジトロンを放出する放射性同位元素(RI)で標識した薬剤を合成し、これを患者さんに投与して、その分布をPETカメラで撮影する検査です。ポジトロン放出放射性同位元素は主にC-11(炭素)、N-13(窒素)、0-15(酸素)、F-18(フッ素)などがあり、これらを用いたPET薬剤はすでに多くの疾患に応用されています。

PETは臨床検査として、癌・心臓病・脳血管障害の三大成人病および認知症の診断・治療法選択および効果判定などに有用で、中でもグルコースの類似体であるFDG(フルオロデオキシグルコース)を用いたFDG-PETは有名です。FDG-PETは平成14年より保険適応となり、現在では基本的にすべての悪性腫瘍において、幅広く使われています。他にも平成8年には0-15(酸素)標識のガスを用いた脳血管障害のPET検査が保険適応になっています。

当研究所では、保険適応のPET検査以外にも、保険未収載の薬剤(学会の認めたPET用成熟薬剤や、倫理委員会等で認められた全く新規の薬剤)を用いたPET検査も幅広く行っています。センターの各診療科からも好評を得ており、これらの研究結果は国際的な学会や医学雑誌でも高く評価されています。

PETによる生体機能の画像化とその臨床応用

PETは短寿命放射性同位元素を含む物質の生化学的性質を利用して生体内での物質の動きを非侵襲的、定量的に追跡し画像化する装置である。癌の診断、血液動態、薬物動態の解析に強力な情報を提供しています。本研究所ではPET画像研究を成人病センターの画像検査診療に直結させ、県民の医療に真に貢献する研究を展開しています。

(1)PET画像の機能画像化に関する研究

PETカメラで撮影された再構成画像を元に、動脈血中データからコンパートメントモデル解析を行い、脳や腫瘍などの定量画像を作ることができます。定量画像を作成する際には、様々な阻害因子が影響しますが、真の定量画像を追求すべく研究を行ってきました。今年度は、呼吸停止FDG-PET撮影法における画像加算に関する検討をすすめ、サイノグラム加算法による定量画像への影響を中心に研究報告を行いました。

(2)PETによる脳機能画像に関する研究

これまでの当研究所の検討で、脳血管障害の患者さんでは形態画像上異常のない大脳皮質においても選択的神経細胞障害が起こっていることが明らかになっています。今年度も引き続き血栓性脳主幹動脈閉塞性疾患患者を対象として検討をすすめ、O-15のガスとC-11 Flumazenilを用いたPETで中枢性ベンゾジアゼピン受容体密度等を測定し、脳主幹動脈のアテローム血栓性閉塞の結果、局所脳組織灌流圧が低下して生じる血行力学的脳虚血により、ベンゾジアゼピン受容体の低下が起こるということが臨床的に明らかになり、著名な医学雑誌に掲載されました。さらなる検討を進めていく予定です。

(3)PETによる腫瘍の病期診断への応用

これまで当研究所では診断アルゴリズムに関するプロジェクトで、撮像法の改良、画像所見の蓄積、定量的評価を通じて、FDG-PETによる診断アルゴリズムを提唱してきました。学会等を通じた活動の成果により、平成22年4月より一部の腫瘍に対象が限定されていた腫瘍FDG-PETの保険適応は、早期胃癌をのぞくすべての悪性腫瘍に拡大され、病期診断、転移再発診断、治療効果判定を中心としたものに変更となりました。今後も個別の腫瘍の違いに対応したFDG-PETによる診断アルゴリズムのテーラーメード化を目指して研究を進めます。

がんの画像診断  次世代の融合診断法PET/CT  がんの画像診断

(4)新しいPET用放射性化合物の開発と、それを用いた臨床診断の可能性の検討

現在、当PET施設において使用が許可されている放射性化合物は、日本アイソトープ協会が成熟薬剤として認め、指針が公となっている薬剤がほとんどです。今後、その他の有望な新規放射性薬剤に関しては、短寿命放射性薬剤臨床利用委員会及び倫理委員会にて順次承認されていく予定です。そうした比較的新しい薬剤を人へ応用していく際には、様々な基礎実験や厳格な製造管理と品質管理といった安全性の確認とともに、生体内での動態を解析し検査方法を確立しておく必要があります。また、現在まだ臨床応用がなされていない薬剤の開発や、全く新しいアイディアに基づくトレーサー・リガンドの開発を行っていきます。

FDG合成装置の開発

(5)新しいPET用放射性化合物MeAIB(メチルエーアイビー)の開発と、その臨床応用

当PET施設において日本で初めて開発された人工アミノ酸PET製剤であるMeAIBが、厳しい安全性検査などを経て、倫理委員会で承認され、現在腫瘍患者さんを中心に臨床応用されています。保険適応である腫瘍FDG−PETの弱点である炎症性疾患との鑑別、脳腫瘍診断などに威力を発揮しており、一歩進んだ腫瘍診断として、米国核医学会最優秀論文賞も受賞し、国際的にも注目されています。ますますの応用発展を目指します。

(6)PETによる小児てんかんの研究

小児神経疾患には、その原因、病態が不明のものが多い。PET検査を用いた脳神経代謝および神経伝達機能の定量的画像診断を行うことで、小児神経疾患の病態解明や診療に直結する診療画像情報を追求しています。West症候群は乳児期に発症し発達の退行を伴い治療に難渋するてんかん性脳症です。ヒプスアリスミアという特徴的な脳波所見を示すことが多いのですが、この所見をもつ症例と持たない症例で、 FDG-PET、FMZ-PETの所見を比較検討し、基底核、視床がヒプスアリスミアの形成に重要な役割を担っている可能性を指摘しました。無呼吸発作は自律神経発作に分類される稀なてんかん発作ですが、呼吸中枢の異常による中枢性無呼吸との鑑別が困難でした。我々は中枢性無呼吸を発症しやすい18トリソミーの乳児で無呼吸発作時の発作時PETをとらえて、てんかん性無呼吸であることを示しました。

研究業績

業績はこちらをご参照ください。